ウーマン

大規模修繕は計画的に行なう│劣化が進みやすい場所を知る

悪徳業者に気をつける

作業員

安定した入居率を確保するためにも、原状復帰工事はしっかり行ないましょう。原状復帰工事までの流れを把握しておくことで、スムーズに不動産運用が行なえます。まず、原状復帰工事会社にお問い合わせを行ないましょう。大手の原状復帰工事会社では、フリーダイヤルによるお問い合わせ窓口を設けております。現地調査依頼のスケジュールを調整してください。後日、実際に住宅の状態をみて、見積もりを行ないます。修繕が必要な場所だけを工事することで、費用を安く抑えることができるでしょう。また、水回りといった劣化が進みやすい場所は、修繕工事の際に点検してもらうことも大切です。
原状復帰工事を依頼する際は、最低でも3社に見積もりを取りましょう。リフォームは悪徳業者によるトラブルが頻繁する傾向があります。決まった料金がないため、会社によって見積額も異なるのです。そのためにも、複数社の見積もりを比較して適切に会社を選択する必要があります。見積書に内訳がしっかり記載されている会社は、信頼性も高まるでしょう。インターネットの一括見積もりサイトを利用することで、数多くの見積もりが収集できます。そのため、工事にかかる費用の相場を把握することができるでしょう。
また、工事後のアフターサービスの有無もしっかり確認するようにしてください。アフターサービスが充実している会社であれば、工事後に万が一不具合が発生した時にも早急に対処してもらえます。